腰のヘルニアは重労働以外の人にも起こる|デスクワークも注意!

先生
このエントリーをはてなブックマークに追加

食品や施設にかかわる人

看護師

検査の実施義務がある

小学校では子供がよく検便検査を行いますが、小学生の検便検査にはぎょう虫がいるかどうかの検査です。大人になって検便検査をする人は、大腸がんなどの疾患がある人の他には、飲食店や学校給食などの調理業務をする人や水道関連従事者などが行うことが義務付けられています。感染症や病原体を持っていないと証明するために、検便検査を行わなければならないのです。検便検査により、保菌していても健康で自覚や症状がない人を見つけることで、感染拡大を防ぐことが出来るのです。健康保菌者はO-157やノロウイルスなどの感染症にかかっていても、症状がでていないことで気づかないうちに扱う食品などから他の人へ感染を広げてしまう危険性があります。

安全な食品のために

調理従事している人から検便を実施し、病原体の有無を確認することで感染を未然に防ぐことが出来ます。また食中毒が起こった時、感染経路を調査するのにも検便検査は役に立ちます。検便ではO-157・サルモネラ菌・ノロウイルス・コレラ・腸チフス・赤痢などがあるかどうか検査します。感染している場合は保健所に届け出をしなければなりません。陽性反応者は就業を停止しなけらばならなかったり、食品取扱している事業は除菌が確認され安全が認められるまで就業停止になることもあります。検便は便が出た後すぐに採取します。検便のキットからスティックを取り出し、さじの部分に便を回すように差し込み採取します。使用法を確認し、速やかに調査を行う場所へ提出しましょう。